☆現在イチオシのEA☆



【様々なTP値・LC値で
高PFとなる高勝率EA】
Scal_USDJPY
Scal_USDJPY
Scal_USDJPY | fx-on.com



【バックテスト10年と
リアル1年を無敗で乗り切った
究極仕様のEA】
EA_final_max_Revolution
【バックテストとリアルの融合】EA_final_max_Revolution
【バックテストとリアルの融合】EA_final_max_Revolution | fx-on.com




EA『粉雪』
粉雪
粉雪 | fx-on.com



バージョンアップでさらに収益性を増した高収益型EA
【ユーロドル版】EA_final_max_ED
【ユーロドル版】EA_final_max_ED
【ユーロドル版】EA_final_max_ED | fx-on.com



必要機能を絞り込んだ限定バージョン
【EA_final_max_ED_Limited】
限定版【ユーロドル版】EA_final_max_ED_Lite
限定版【ユーロドル版】EA_final_max_ED_Limited | fx-on.com



【完全同一ロジックで5通貨ペアが右肩上がりのEA】
EA_final_max_5pair
EA_final_max_5pair | fx-on.com


【無敗のレボリューション】と
【ユーロドル版(Limited)】のセットです
【Revolution × ED_lite】セット品
【Revolution × ED_lite】セット品 | fx-on.com


ED版(Lite)と粉雪のセットです
【ED_Lite × 粉雪 セット品】
【ED_Lite × 粉雪 セット品】 | fx-on.com



その他のEA(EAねこ経由)は
↓コチラからどうぞ↓
FX投資情報コミュニティfx-on.com




☆ねこ博士の『オススメの業者様(海外・国内)』は、
本ページの右側と、一番下あたりで、ご紹介しています



2017年03月 - EAねこの自動売買奮闘記

5pair版のboost値

現在、表記EAのboost値は1.5としてありますが、
1.0として頂くと、トレード回数は減るものの、
フォワード開始以降の成績はかなりの高PFになるものと思います。

詳しくは、各位バックテストをしてみて頂ければと思います。

最近は、EU離脱ニュースという微妙に織り込み済みのビッグニュースが出ている影響で値動きがどっちつかずになっており、
final_max系にはあまり得意でない相場となっています。

それでもこの程度の足踏みで済んでいる、
という見方もできますが、はやく大きな動きで爆発的な収益を上げられる相場になってほしいところですね。

ねこ博士
スポンサーサイト

5pairのフォワード状況

今日も無事、利確があったようですね。

フォワード開始以降、
現在のPFは1.9程度になっているかと思います。

FOMCの金利発表でのLCを除けば、
さらに良いパフォーマンスになるものと思います。

やはり、final_max系の基本ロジックは、
優位性が高いということがおわかり頂けるかなと思います。

なお、5pair版については、
次の価格改定で2000円ほど価格が上がる予定となっておりますので、
ご了承ください。(( _ _ ))

ねこ博士

いろいろと・・・

やるべき作業が溜まってしまっておりますが、
何とか週末に、ガンガン進めたいなと考えています。

EAのフォワードの状況については、
final_swingだけは、なぜか調子がイマイチなのですが、
他のEAについては、新作の5pair版を含め、本来の調子に戻ってきているかな、と思います。

必要なときに、必要な修正を施すことが、
EAの性能を維持する上で重要だと、
当方では考えております。

ねこ博士

5pairの爆発力

金利発表による不運なLCを喫した5pair版ですが、
1日で、あっさりとプラス圏まで復活してしまいましたね。

このあたりが、
5通貨×3ポジ×boost1.5 の威力なのだろうと思います。

今回LCになったユロドルは、ここ最近あまり調子が良くない通貨のため、稼働しないようにするのもひとつかも知れません。

こういった「稼働通貨の選択」ができるのも、
『5通貨対応EA』の利点だと思います。

Scal_USDJPYの最適化の方法

Scal_USDJPY の、
パラメータの選び方を教えてほしい、
とのご相談がありましたので、
「最適化の方法」について、今回は記載してみたいと思います。

ここでは、バックテストの機能のひとつである『最適化テスト』という方法を利用します。

下記は、
『boost1,boost2,boost3』 という3つのパラメータを、
「-6 ~ 6」の範囲で、「2ずつ」変化させた例となります。
(※なお、時間削減のため、ここでは「始値」で、最適化を実施しています)





この『始値での最適化テスト』の結果から、『boost値の組み合わせ』としては、
「6,-4,-2」が、一番収益性が良いということがわかりますね。

そこで、次に、上記の「6,-4,-2」の設定で、
『全ティック』でのバックテストを実施します。
(※上記の青いラインの上で「右クリック」⇒「パラメータの設定」とすると、
自動的に、値が入力されますので便利です(^^))

その『全ティックでのバックテスト』の結果が、下記のとおりとなります。





上記の結果をみると、「始値」での最適化の結果に比較的近い、
良好なテスト結果となっています。
(トレード頻度も、比較的多い設定である、とおわかりいただけるかな、と思います)

このように、
(1)始値で、最適化テスト
(2)(1)で結果の良かった数値の組み合わせ』で、詳細な全ティックのバックテスト

という、(1)⇒(2)の流れで、最適化を実施すると、
より短時間で、良いパラメータの組合わせを見つけることができます。

なお、今回の例は、デフォルト(TP=10,SL=200)での結果でしたが、
同様にして、『TP=10、SL=100』などでも、最適化を実施することで、
そのTP、SL値にあった、boost値の組み合わせが見つかるのでは、と思います。

ご参考となれば幸いです。m(_ _)m

ねこ博士

Scal_USDJPYの設定画面 につきまして

お客様よりご要望がありましたので、
Scal_USDJPYの、設定画面のキャプチャを掲載いたします。





当方では、
基本的にパラメータは「デフォルト」で利用しておりますので、
Lot以外は、デフォルトのまま、となっておりますが、
ご了承くださいませ。

以上、ご参考となれば幸いです。m(_ _)m


ねこ博士

EA_final_max_5pair のフォワード計測につきまして

本日、FX-ON様から連絡があったのですが、
表記のEAについては、
『全5通貨ペア』 でのフォワード計測ではなく、
手違いで、『ドル円のみ』 のフォワード計測となっていた模様です。

そのため、5通貨ペアの同時稼働にてフォワード計測をして頂くように、
改めてお願いをしておきました。

このEAは、『5通貨の同時稼働』 が可能ですので、
単純計算で、今後は、これまでの5倍程度のエントリーがあるものと思います。

参考までに、フォワード開始の2/24から3/13までの、
5通貨ペア全ての成績(=該当期間のバックテスト結果)をUPしておきますね。



ポンドドル4勝0敗
ユロドル3勝0敗
ドル円2勝1敗
ドルフラン トレード無し
豪ドルドル1勝0敗

合計
勝ちトレード 200pips
負けトレード 60pips

以上より、約3週間で、
PF3.3、収益が+140pips となっておりました。

なお、フォワード計測の途中で、
boost値を1.0→1.5 にブーストするバージョンアップを行っています。

ねこ博士

複数通貨ペアの一括バックテストソフト

1つのEAを、複数の通貨ペアで
バックテストするのは、
なかなか骨の折れる作業だと思います。

そんなとき、
私が普段使わせて頂いている、
「MT4BackTester」 というソフトがあると、とても便利です。

https://tasfx.net/2014/09/11/post-4363/

下記のEA_final_max_5pairの記事なども、
このソフトを利用して、
複数通貨ペアの一括バックテストをしました。

有料版でも3400円とお手頃ですので、
EAをお使いの方には、かなりオススメできるソフトかなと思っています。

ねこ博士

EA_final_max_5pairにつきまして

現在販売中の表記EAですが、
バックテストに時間がかかりますので、
こちらのブログに、大まかなバックテスト結果(最適化結果)を掲載する予定です。

分析項目としては、
・TP10~50、SL60~200
・5通貨ごとの変化
・boost値1.0~2.0

このあたりを考えております。

もし、こんな項目も分析してほしい、
というご希望がありましたら、
コミュニティへのコメント、メッセージ等を頂ければ、
可能な限り対応させて頂きます。
(月曜日~火曜日あたりまでには、掲載できるかなと考えております)

また、各自でバックテストをされる際には、
「2年くらいごと」でバックテストを行うと、
比較的早くバックテストが完了できる模様です。
(バックテストは、最初のうちが早く、後半が遅いようですので・・・)

とりあえずの例として、
デフォルト設定で、「TP10,SL100」に変更したテスト結果を添付しますね。



ドル円が少し荒くなる反面、
ユーロドルなどは、より安定することが、
おわかりいただけるかなと思います。

ねこ博士

boost値による収益性の変化

EA_final_max_5pair の、
『boost値を変化させた場合の収益性の変化』 を記載いたします。

なお、バックテストに時間がかかりますので、
全5通貨ペアの掲載までは少し時間がかかりますが、ご了承ください。


【boost値 1.1-2.1】  テスト期間 2005.1.1~2017.3.11 スプレッド20固定

ポンドドル


ユーロドル


ドル円


ドルフラン


豪ドルドル



ねこ博士
プロフィール

ねこ博士

Author:ねこ博士
日々、EAの研究をしております
(※キャラクタ画像はイメージです。普段は化学系の工場に勤めております)

本ページの右側と下部に、
気になるEAや、オススメのMT4業者様なども掲載しています。

今後も良いEAを提供していきたいと思いますので、よろしくお願いいたします。(( _ _ ))

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

【ねこ博士の気になるEA】

==============


(1)White_Bear_USDJPY

White Bear Z USDJPY
White Bear Z USDJPY | fx-on.com

◎DDの後も
きっちり右肩上がりの収益。
DD後から稼働開始された方は、
かなりの収益なのでは?



==============


(2)一本勝ち
トレーリングストップで
幸せに一本勝ち
(※画像なし)
一本勝ち | fx-on.com

◎直近のDDが、
逆に稼働チャンスという
見方も・・・?
まだまだ活躍してくれそう


==============


(3)SS-system_EURGBP
コツコツ型スキャルピング
(※画像なし)
SS-system_EURGBP   | fx-on.com

◎一時期横ばいでしたが、
きっちり伸びてきましたね。

やっぱり良いEAなのだと
思います(^^)


==============



※本ページの一番下に、
ねこ博士オススメの
国内業者様を
ご紹介してあります。

 ↓  ↓

==============


訪問者数
カウンター



にほんブログ村 為替ブログ FX システムトレード派へ
にほんブログ村

==============


☆海外口座なら、
↓コチラ↓がおすすめ♪

今、一番人気の海外口座

『XM』

・ハイレバ
・最小スプレッド0pips
・安心の追証ゼロシステムを採用
 ↓


==============


こちらも、最近人気の海外口座♪

『AXIORY』

・安心の日本語サポート
・ドル円 実質スプレッド0.9Pips
・安心の追証ゼロシステムを採用
 ↓


==============


<オススメの国内口座はこちら↓>






外為ファイネスト 口座開設



FXトレードフィナンシャル 口座開設



☆ ↑国内業者様の選択について、ねこ博士より、一言アドバイス ☆

一番上の『OANDA』様は、当方がFX-ONフォワードを実施している業者様となります。
そのため、FXONフォワードに近づけるには、OANDA様がオススメとなります。

ただし、OANDA様(東京サーバー)の最低取引数量は「0.1Lotから」のため、
少なめの「0.01Lot」からでもトレードしたい、という初心者の方には、
その下の『外為ファイネスト様』『FXTF様』も、オススメします。
(『OANDA様 + 2社のいずれか』が良いかなと思います)(^^) 

by ねこ博士