☆現在イチオシのEA☆


【超多頻度トレードによる高収益を狙うEA】
多頻度トレードによる高収益を狙うEA
多頻度トレードによる高収益を狙うEA?|?fx-on.com



高頻度なドル円スキャルEA
【NEO_Sca_Morning_USDJPY_turbo】
高頻度型の早朝逆張りEA
高頻度型の早朝逆張りEA?|?fx-on.com



Pips_miner_EA_EURAUD
Pips_miner_EA の他通貨バージョン
Pips_miner_EA の他通貨バージョン?|?fx-on.com



【TP=400】による爆益を狙うEA
Swing_Max_GBPUSD
【TP=400】による爆益を狙うEA
【TP=400】による爆益を狙うEA?|?fx-on.com



【トレンドロジックと
レンジロジックからなる全相場型EA】
~EA_final_max_w_mix~
EA_final_max_w_mix
EA_final_max_w_mix | fx-on.com



(☆新作)ユーロドルのスイングトレードEA
【Pips_miner_EA_EURUSD_sell_only】
『EUR/USDの売り×長期保有』によって、大きなスワップ収益を狙うEA
『EUR/USDの売り×長期保有』によって、大きなスワップ収益を狙うEA?|?fx-on.com



Moni_Sca_USDJPY
早朝時間の無敗系ドル円スキャルEA
早朝時間の無敗系ドル円スキャルEA?|?fx-on.com





EA『粉雪』
粉雪
粉雪 | fx-on.com



EA『吹雪』
吹雪
吹雪 | fx-on.com



【バックテスト10年と
リアル1年を無敗で乗り切った
究極仕様のEA】
EA_final_max_Revolution
【バックテストとリアルの融合】EA_final_max_Revolution
【バックテストとリアルの融合】EA_final_max_Revolution | fx-on.com





その他のEA(EAねこ経由)は
↓コチラからどうぞ↓
FX投資情報コミュニティfx-on.com




☆ねこ博士の『オススメの業者様(海外・国内)』は、
本ページの右側と、一番下あたりで、ご紹介しています



2018年12月 - EAねこの自動売買奮闘記
FC2ブログ

販売中EAの入れ替えのご連絡

本日は、年明けからのEA販売についてのご連絡をさせていただきます。

少し、EAのラインナップが増えてきてしまったことと、
年明けより、新たなEAをいくつか投入する予定があることから、
年明けの1/8あたりより、
現在、販売中のEAを、大幅に入れ替えたいと考えております。

イメージとしては、
全体の1/3程度のEAを、販売停止とし、
その分、順次、新たなEAを投入していく、
といったイメージです。

そのため、もし購入予定のEAなどがありましたら、
それまでにご購入いただけますよう、お願い申し上げます。

なお、1/8以降の新作EAについては、
いくつか、新しいアイデアの新作を投入したいと考えております。

どうぞよろしくお願いいたします。m(_ _)m



(※追記です)

なお、ご利用者様よりご依頼がありましたので、
Scal USDJPYにつき、
「 boost1,2,3=6,-4,-2 ウルトラブースト=ON SL=100 TP=10 両建て無しでポジションは最大で1つのみ」
のテスト結果を掲載いたします。
(下段には、さらにSL=200の結果を掲載します)






よろしければ、ご参考とされてください。m(_ _)m



 『ねこ博士のEA一覧』






ねこ博士

EA「吹雪」のマニュアルにつきまして

~ EA「吹雪」 取り扱い説明書 ~

=================

【DLLファイルの設定方法】


本EAでは、DLLファイルを使用いたします。

MT4のデータフォルダ内にある
『Librariesフォルダ』に、
付属の「EA_fubuki.dll」を入れて、ご利用くださいませ。

また、MT4を起動して
「ツール>オプション>エキスパートアドバイザ」
と進み、「DLLファイルの使用を許可する」にチェックを入れてください。

また、この状態でバックテストを実行し、
きちんとトレードがなされることをご確認ください。
もし、トレードがなされていない場合は「操作履歴」のタブに何らかのエラー表示が出ていないか、
をご確認ください。

===================

【各種パラメータのご説明】



Bunsan_Mode=true;

こちらは、
従来、同時に近いタイミングで追加ポジションを取るエントリーをしていたものを、
「分散してエントリーさせる」ためのパラメータとなっております。

なお、デフォルトでは「true(=エントリーを分散させる)」となっております。

従来と同じ状態で稼動したい場合には、こちらを「false」とされてください。

なお、ON・OFFの動作を比較したい場合には、
2016/10/1-10/7の期間を、ON、OFFでバックテストしていただくと、
違いがわかりやすいかと思います。



MagicNumber = 572229;

 マジックナンバーの設定となります。


Lots = 0.05;

 基準となる「初期ロット」の数値となります。
(※稼動開始は、デモ、または0.01Lotからをオススメいたします)



======

<MM(複利モード)関連 のパラメータ>

・MM = FALSE(※マネーマネジメントのオン・オフの設定です。
ここを「true」とすると、MM=ON(複利モード)となります)

・MM_balance_mode = false
(※この項目が、デフォルトの「false」の場合には、
MMでのロット計算を『余剰証拠金ベース』で計算いたします。
逆に、このMM_balance_modeを「true」とした場合には、
MMを『残高(=balance)ベース』で計算します。
この違いは、true、false、のそれぞれでバックテストを実施して頂くと、
わかりやすいかなと思います)

・Setting_MM_Percent = 0.5
(※上記の「MM=TRUE」の場合に、
このパーセント分のロット数でエントリーします。
例:「資金100万円で、Setting_MM_Percent=0.5」の場合、
100万円×0.5%=0.5万円=『0.05Lot』からのエントリーとなります)

・Max_MM_Percent = 30.0(※Setting_MM_Percentの、上限値です。
うっかり、Setting_MM_Percent=100 などと入力してしまっても、
Max_MM_Percent=30 であれば、
「Setting_MM_Percent=30」に制限されます。
(※誤入力に対する安全対策としての機能です))


・Max_lot_size_1st = 1.0
(※「1ポジション目」の、ロットサイズの上限値です。
デフォルトでは「1.0Lot」となっていますので、
MM=ONの場合などに、1.5Lotなどにはならず、
この上限値である「1.0Lot」に制限されます)


==============


<『トレーリングストップ』関連のパラメーター>

・Trailing_Stop=true;
→トレーリングモードのON設定です。
「true」とすると、ONとなります。
「false」とすると、OFFとなります。

・Trailing_pips=5.0;
→トレーリングを発動するpips数の設定値です。

この機能は、一定pips分の利益が出た場合に、
SLの位置を引き上げていく機能となります。

デフォルトでは「ON」としてあります。

また、Trailing_pipsを「5pips」としてあります。

つまり「5pips分の利益」が乗ると、
その時点で、SL値を、デフォルトの200pipsから、
プラマイゼロとなる位置まで、引き上げます。

こうすることで、
仮にそこから値が戻ったとしても、
「プラマイゼロで決済」することが可能です。

さらに、そこからプラス方向に値が進むと、
それに応じて、SL値を、約5秒おきに引き上げていきます。
(※詳細な動作は、バックテストにて、ご確認ください)


・Trailing_pips_plus=2.0;
→こちらは、『初期トレーリングにおける、確保PIPS』となります。

従来は、
トレーリングが発動すると、
「TP=0」となる位置に、SLを移動しておりました。

ですが、この場合には、
約定時の滑りなどのために、
決済すると『微損』となることがありました。

これに対して、
Trailing_pips_plus=2; と設定しておけば、
『TP=+2Pips』となる位置にSLを移動させるようにトレーリングを行いますので、
もし滑りが発生したとしても、マイナス決済となる可能性は、非常に低くなります。
(※従来よりも、より、収益を確保しやすい設定となっております)

なお、この値は、適宜、調整可能ですので、お好みの数値にて、
ご利用ください。m(_ _)m



・Trailing_interval=5;
→これは、
「トレーリングを発動する際の、間隔(秒)」
の設定項目となります。

ここが「5」であれば、「5秒おき」に、トレーリングを行います。
あまり、小さな数値にしすぎると、取引サーバーに負荷が掛かり、
MT4口座の使用禁止などの措置を取られる場合もありえますので、
「5以上」として頂くことを、おすすめいたします。

※『トレーリングの間隔』につきましては、
 通信環境や、値動きなどの影響もありますので、
「正確に5秒」ということではなく、
 おおよそ、その程度の間隔でトレーリングを行う、
 という程度にお考えください。



<(まとめ)トレーリング機能の、具体的な動作の仕方>

例えば、
・Trailing_pips=5
・Trailing_pips_plus=2
のデフォルト設定の場合には、
「5+2=7pips」の利が乗ると、
『+2pipsの位置』に、SLラインが移動します。

それ以降は、約5秒おきに、更に利益がのって(増えて)いるかどうかをチェックし、
ほんの少しでも、利益が増えていれば、SLラインを徐々に、引き上げていきます。

そして、そのまま、
「TP値に到達する」か、「引き上げたSLラインにタッチする」か、
のいずれかで、決済が行われます。

以上が、トレーリングストップ機能の、動作スタイルとなります。

なお、トレーリングは、
「1ポジションのみ」の状態でだけ、機能します。
複数ポジションの状態では、機能しませんので、ご了承くださいませ。

詳しい動作は、
デモ稼働や、リアル稼働での動作をご確認いただければ、と思います。m(_ _)m


==============================



TP = 10; 

 利確値となります。
(※全保有ポジションの合計値が、この値になると利確します) 


=====


<「外出し手数料」分の設定>

パラメータ
・Tesuuryou_Pips=0;

上記の「Tesuuryou_Pips」を「1」に設定すると、
「0.01Lotあたり、0.01pips分を、利確の際に上乗せ」して、利確します。

また、「Tesuuryou_Pips=10」に設定した場合には、
「0.01Lotあたり、0.1pips分」を、上乗せして利確します。


(例)
「Tesuuryou_Pips=10」に設定した場合には、
エントリーロットがトータルで「0.1Lot」になると、
ALL_TP_PIPS = 11pips に相当する状態で、利確します。

同様にして、
エントリーロットがトータルで「1Lot」になると、
ALL_TP_PIPS = 20pips に相当する状態で、利確します。


※主に「外出し手数料」が設定されている業者様の場合に、
 こちらの機能をご利用いただければ、と思います。

(トレードしていて、手数料負けが発生する、
 という場合に、こちらの「Tesuuryou_Pips」の設定をご利用ください)


========


MaxLose = 4000;

 最大ロスカットの数値です。
(MAXの4ポジションまで保有した状態で、
 全保有ポジションの合計値が、この値になるとロスカットとなります)


Countdown_mode=FALSE;

「カウントダウン方式(注文と同時にTP、SLを入れることができる業者か、そうでないか)」
 の設定となります。
 不明な場合は、TRUE,FALSEと変えてバックテストをしてみて頂き、
 きちんと取引がなされる状態であれば、
 リアルトレードでも取引がなされるものと思います。
(どちらでも稼働するようであれば、「FALSE」で良いと思います) 


Cristmas_filter=TRUE; 

 これを「TRUE」にすると、ボラティリティが低下する、
 クリスマス期間(12/15 ~ 12/31)のエントリーを制限します。


Lose_Filter=FALSE; 

 これを「TRUE」にすると、
 トレードで負けた(-4000PIPSに達してロスカットとなった)場合に、
 それ以降のトレードをしないようにEAの動作を停止します。
 トレードの停止状態は、MT4を再起動することで、リセットされます。
(※これは、お客様からのご要望で追加した、新機能となっております)



- Time_Filter -

このフィルターは、
「設定時間内におけるエントリーを制限する機能」
となります。

(設定の例)
Day_of_week=1;(※1は、月曜日を意味します。火曜日は2,水曜日は3・・となります)
No_in_hour_from=3;(3時から、エントリーを制限)
No_in_hour_to=5;(5時まで、エントリー制限)

→この例では、毎週月曜日の、3時~5時のエントリーを制限します
 「この時間帯には、エントリーさせたくない」という場合には、
 この Time_Filter をお使いください。




Summer_GMT_Offset=3;

 夏時間における、サーバーのGMT値をご入力ください。(例:FXDD=+3)
 このEAでは、毎日、

 ・マーケットオープンから1時間(日本時間の朝6:00台)

 ・各種の指標発表が集中する時間(日本時間の21:30~21:35)

 のエントリーを制限する仕様としてあります。
 
 これらのエントリー制限を正確に行うために、このGMTの値を入力する必要があります
(冬時間のGMTについては、自動で計算しますので、夏時間のGMT値をご入力頂ければ、1年中使えます)


================



Gousetsu_do = 5;



上記は、「豪雪度」の設定となります。

「豪雪度」の数値を大きくするほど、
より多くのトレードを行うようになります。
(最小:1、最大:7)


================


Kona_Yuki_mode=false;


通常は「false」となっておりますが、
これを「true」として頂くと、豪雪度の設定が無効となり、
EA「粉雪」の、安定バージョンのセッティングに近い状態での稼動(=低リスク型)となります。

→パフォーマンスは、バックテストにて適宜ご確認ください。



===============


sihyou1_day=10;
sihyou1_hour=21;
sihyou1_limit_hour=5;

上記は、「指標フィルター」の設定です。

指標が予定されている「日」「時間」「制限時間」をそれぞれ入力頂くことで、
「指標の日」の、「指標予定時間」から「制限時間」分だけ、新規エントリーを制限します。
また、指標予定時間の1時間前にポジションが残っている場合には、
ポジションの決済を、自動で実行します。

上記の入力例の場合、

10日の21時(=日本時間)に、指標発表の予定。制限時間は5時間。
→よって、10日の16時から新規エントリーを制限。
 そして、20時になると、全ポジションを決済。
となります。


===============


US_Sitsugyo_Filter=false;
US_Sitsugyo_limit_hour=5;

上記は、「米国失業フィルター」の設定です。

米国の失業率発表は、
基本的に、毎月第1金曜日の21:30と決まっております。

よって、このフィルターをONとしておくことで、
毎月、米国失業率発表の際に、「制限時間」で指定した時間前から、エントリーを制限します。
そして、1時間前にポジション整理を実行します。


なお、上記の「指標フィルター」「米国失業フィルター」は、
あくまでも『補助的な機能』とお考えください。

回線の切断 等によって、フィルターの機能が発揮されない可能性も十分にありえますので、
重要指標の前には、ご利用者様自身で、ポジションがきちんと整理されていることを
ご確認頂きますよう、お願いいたします。

==================

指定時間のエントリーフィルター

<設定項目>
・Day_of_week=-1;(「-1」は、オフを意味します)
・No_in_hour_from=0;
・No_in_hour_to=1;

この機能は、
「設定時間内におけるエントリーを制限する機能」
となります。

具体的には、以下の設定項目を、

Day_of_week=1;(※1は、月曜日を意味します。)
No_in_hour_from=3;(3時から、エントリーを制限)
No_in_hour_to=5;(5時まで、エントリー制限)

と入力することで、
『毎週月曜日の、3時~5時のエントリーを制限』します。

「この時間帯は成績が悪い、エントリーをさせたくない」
という場合に、ご利用ください。


===================


【Friday_Close(週末のポジション持越防止機能)】

(使い方)
デフォルトでは、
 「Friday_Close = false」(←※デフォルトでは機能OFF)
 「Friday_Close_Hour = 26」
としてあります。

この状態の場合、「毎週金曜日の26時(=土曜日の深夜2時)」に、
 ・ポジションを保有している場合には、ポジションをクローズします。
 ・この時間以降、マーケットクローズまで、新規ポジションを取らなくなります。
(※この機能が不要な方は、Friday_Close = false と設定してください)



【エントリー時のコメント編集機能】

・Entry_comment = "EA_Fubuki"

EAの注文履歴に表示される「コメント」の内容を、
任意の文字に変更できるようにいたしました。

上記の"EA_Fubuki"の部分を、
任意の文字に変更することで、注文履歴にその文字が表記されるようになります。



==================


【SL値についての補足事項】

本EAでは、
各ポジションのエントリー時に、
「SL=500」という「仮のSL値(変更不可)」にて、エントリーをします。

このSL値は、エントリー後に、MT4回線が不意に切断するなどした場合の、
いわば「保険」のような意味合いのSL値となります。

(万が一、-4000PIPSに達したときに回線がつながっておらず、
オーダークローズ注文が機能しないような場合でも、
とりあえず、このSL=500でにてロスカットにするためです)


===================


本EAの設定値のご説明は以上となります。

まずはデモ、最小ロットにて動作を把握して頂き、
利益が上がってきてから、徐々にロットを上げていくことをお勧めいたします。

その他、なにかご不明な点がありましたら、コミュニティ等でご質問くださいませ。


ねこ博士

Scal_USDJPYのSLと、新作EAのご紹介

うーむ、なぜか、
Scal_USDJPYが大きなSLとなってしまいましたね。

このSLは、本来のEAの動作とはちょっと違うSLでして、
なぜか、「-100pipsほどでの早期クローズ」が発動せずに、
「最大のSL(-200pips)」となってしまった模様です。

おそらく、サーバーとの接続の影響や、スプレッドフィルターの数値との関係などで、
ポジションがうまく決済されなかったことが原因ではないかな、
と思いますが、だからといって、ポジションをなかったことにするわけにはいきませんので、
フォワードはフォワードとして、受け入れるしかないと考えています。

ちなみに、最近では、
ゴゴジャン様でのフォワード計測で、ちょっとおかしなことがいくつか起きていまして、
いつのまにかフォワード計測が停止してしまっていたり、
フォワード計測をお願いしたものが、なぜか計測されていなかったり、
さらには、なぜだか「他の通貨ペアでの計測」になってしまっていたり、
といったことが、立て続けに、いくつか起きてしまっています。

このあたりは、
ゴゴジャン様でのフォワード計測の結果をもとに、購入の判断を決める方も多くいますので、
ゴゴジャン様に細心の注意をして頂くほかない、というところですが、
おそらくゴゴジャン様の計測担当の方も、とても忙しいので、
そうそう完璧にはいかない、というのが実情なのではないか、と思います。
(それにしても、最近は、さすがにちょっと大丈夫かな、という気もしています・・・)

また、サーバーのエラーでのSLなので、
ポジションをなかったことにする、といった荒技もあるようなのですが、
それをしてしまうと、第三者によるフォワード計測、というものの意味がなくなってしまうため、
あえて、そういったことはしないようにしています。

なお、この『Scal_USDJPY』については、
すでに、いくつかの改良を施したバージョンアップファイルを提出しましたので、
この新バージョンで、今後の成績の推移を見守っていきたいと思います。


さて、続きまして、新作EAのご紹介となります。

最近では、Pips_miner系のEAがかなり好調のため、
そちらの別通貨バージョンをリリースいたしました。

Pips_miner_EA_AUDNZD
Pips_minerのAUD/NZDバージョンです
Pips_minerのAUD/NZDバージョンです?|?fx-on.com


このEAは、
「売りのみ」を行う、という、ちょっと特殊なタイプのEAとなっておりまして、
その理由は、販売ページにも記載いたしましたが、
スワップの支払いとの関係で、『より有利なトレードだけ』をする、
という形にしたところ、この「売りのみ」というトレードスタイルにたどり着いた、
という形となっております。

EAでは、実際にフォワードで回してみないと、
その実際の性能はわからない、という面があります。

このEAも、聖杯になりうる実力を有しているのか、
実際のフォワードを見ながら、検証していければと考えております。

なお、年末に、
Revolutionと、この新作EAとのセット品を出品しようかと考えていますので、
Revolutionも欲しい、という方は、そちらもご検討くださいませ。
(単品のみで良い、という方は、今の単品でのご購入が、最安となります)

ねこ博士

各EAの収益状況と、EAの稼動開始タイミング

むむ、昨日は、ひさびさに、Pips_miner_EAにSLがきましたね。

このEAは、
長期バックテストでのPFが『1.5』程度なのですが、
先日まで、フォワードでのPFが『2.5』前後と、
かなり、フォワードの調子が良すぎる状態だったのですが、
今回のSLで、PFが『1.96』となりましたので、
少し、バックテストの数値に近づいてきたかな、と感じております。

このあたりは、理論上は、
バックテストと同等の成績となれば問題ない、
という形となりますので、
そのような感覚で、EAを稼動していっていただければと思います。

なお、Pips_miner_EAの、これまでの成績
(バックテスト+リアル稼動)を、収益グラフでみてみると、
以下のような状態となっております。


<『Pips_miner_EA』 2005年~現在までの成績>



以上のように、
今回のSLを含めても、なだらかな右肩上がりを維持しておりますので、
ほぼ、想定どおりの成績といるものと思います。

ちなみに、姉妹EAの「Pips_miner_EA_Snipe_Edition」では、
今回のSLを回避しておりますので、このあたりが、
『Pips_minerの高精度版』とお考えいただいて良いのではないかな、と思います。
(両者のポートフォリオ稼動をすると、より安定度がUPするものと思います)


『Pips_miner_EA_Snipe_Edition』
(※高精度版)
新規フィルター搭載による高精度バージョン
新規フィルター搭載による高精度バージョン?|?fx-on.com



さて、続きまして、その他のEAも含めた各EAの成績につきましては、
以下のような状態となっています。





Pips_minerのEURAUD、Snipe_Sdition、粉雪・吹雪、Revolution、
そして、Swing_USDJPY_Plusあたりが、
比較的安定した状態になっているかな、と思います。

ここ最近の微妙な荒れ相場では、
攻撃的なEAはSLにかかりやすくなりますので、
こういった「安定型のEA」も、合わせて稼動しておいていただくと良いかと思います。

年末に向けて、皆様お忙しくなるかと思いますが、
くれぐれもお体にはご自愛くださいませ。m(_ _)m



Pips_miner_EA_EURAUD
Pips_miner_EA の他通貨バージョン
Pips_miner_EA の他通貨バージョン?|?fx-on.com



「ドル円」を対象としたスイングトレードEA】
Swing_USDJPY_Plus
「ドル円」を対象としたスイングトレードEA
「ドル円」を対象としたスイングトレードEA?|?fx-on.com




【バックテスト10年と
リアル1年を無敗で乗り切った究極仕様のEA】
EA_final_max_Revolution
【バックテストとリアルの融合】EA_final_max_Revolution
【バックテストとリアルの融合】EA_final_max_Revolution | fx-on.com




『ねこ博士のEA一覧』
(※安定収益のためにも、ポートフォリオでの稼動をオススメしております)





ねこ博士

直近の相場状態と、各EAの稼動状況(2018/12/8)




うーむ、ここ最近は、ドル円、ポンドドルなど、
12月だというのに、かなりの荒れ相場になっているな、と思います。
(英国のユーロ離脱関連、米中貿易戦争などの影響でしょうか・・・)

なお、「大きなトレンドが出る」といった形の荒れ相場ならば、特に問題はないのですが、
『大きく上げてすぐに大きく下げる』などの、
いわゆる「行って来い」的な、異常な値動き(投機的な値動き)が多くなっており、
これは、EAにとっては、ちょっと困ったパターンだな、と感じております。

こういった値動きは、
通常では、そうそう頻繁には発生しないタイプの値動きとなりますが、
「スキャル系のEA」にとっては、かなり厳しい相場状態であるといえます。

その理由ですが、
スキャル系のEAにおいては、
『長期順張り+短期逆張り』 というトレードスタイルが、
比較的スタンダードなエントリーのスタイルとなります。

この場合に、
上記の「行って来い」的な値動きをされてしまうと、
『トレンド発生』→「短期の戻りを待って順張りでエントリー」 とした結果、
そのまま、反トレンド方向に、一気に大きく戻ってしまう、という形のため、
すぐに、SLにかかってしまう、という形となってしまいます。

今回のような異常な相場状態は、年間でみれば、
そう多くはないものと思いますが、
今はまさしく、そのような局面に入ってしまっている、
といった状態であるものと思います。

この意味では、王道のスキャル系EAなどは、
しばらく稼動を控えて、年明けあたりからの稼動とするのも、
1つの方法なのでは、とも思います。


=========


さて、続きまして、現在、比較的好調なEAについても、
いくつか、ご紹介してみたいと思います。

まずは、(1)Pips_minerシリーズですが、
以前にもご紹介しておりました通り、
『本家Pips_miner、EURAUD版、Snipe_edition』 の3つが、
いずれも好調をキープしているのでは、と思います。

もともと「レンジ系」のEAのため、
ここ最近の相場状態にあっている、
という面もあるのでは、と思います。

続いて、『(2)EA_final_max_5pair』ですが、
こちらは、実は、ゴゴジャン様によりますと、
先月ごろから、「AUDUSD」の通貨ペアのフォワード計測が停止してしまっていたそうでして、
実際には、AUDUSDの獲得Pipsが100pipsほど、
フォワード結果から、抜けてしまっているようです。

そのため、AUDUSDを稼動されている方は、
ゴゴジャン様のフォワードよりも、+100pipsほど、収益が多くなっているのではないかな、
と思います。

EAの成績が悪くみえてしまって、ちょっと残念ではありますが、
このあたりは、まぁ仕方のないところかな、と思います。

最後に、
『(3)Premium_ED』ですが、こちらは、、
先日、初のSLとなりましたが、
フォワードの成績は「PF1.8」ですので、
ほぼ、バックテストと同様のフォワード状態であり、
全体としては、特に問題のない状態、とみることができるのではないかと思います。




~PS~

その他、年末に向けて、
少し新作のEAも投入できれば、と考えておりますので、
よろしければ、そちらもご検討くださいませ。

また、Scal_USDJPYのバージョンアップの準備なども、
順調に進めておりますので、もう少々、お待ちいただければ幸いです。m(_ _)m





【超多頻度トレードによる高収益を狙うEA】
多頻度トレードによる高収益を狙うEA
多頻度トレードによる高収益を狙うEA?|?fx-on.com



Pips_miner_EA_EURAUD
Pips_miner_EA の他通貨バージョン
Pips_miner_EA の他通貨バージョン?|?fx-on.com



Premium_ED
ユーロドルに特化させたプレミアム版EA
ユーロドルに特化させたプレミアム版EA?|?fx-on.com



ねこ博士
プロフィール

ねこ博士

Author:ねこ博士
日々、EAの研究をしております
(※キャラクタ画像はイメージです。現在は、専業プログラマーとしてEAの開発等をおこなっております)

本ページの右側と下部に、
気になるEAや、オススメのMT4業者様なども掲載しています。

今後も良いEAを提供していきたいと思いますので、よろしくお願いいたします。(( _ _ ))

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

【ねこ博士の気になるEA】

==============


(1)White_Bear_USDJPY

White Bear Z USDJPY
White Bear Z USDJPY | fx-on.com

◎DDの後も
きっちり右肩上がりの収益。
DD後から稼働開始された方は、
かなりの収益なのでは?



==============


(2)一本勝ち
トレーリングストップで
幸せに一本勝ち
(※画像なし)
一本勝ち | fx-on.com

◎直近のDDが、
逆に稼働チャンスという
見方も・・・?
まだまだ活躍してくれそう


==============



==============



※本ページの一番下に、
ねこ博士オススメの
国内業者様を
ご紹介してあります。

 ↓  ↓

==============


訪問者数
カウンター



にほんブログ村 為替ブログ FX システムトレード派へ
にほんブログ村

==============


☆海外口座なら、
↓コチラ↓がおすすめ♪

今、一番人気の海外口座

(1)TitanFX

・ハイレバ
・極小スプレッド
・安心の追証ゼロシステムを採用
 ↓

==============


<オススメの国内口座は、
本ページの一番下にあります↓>





OANDA JAPAN 口座開設
OANDA JAPAN 口座開設?|?fx-on.com

(オススメ国内口座1)↑OANDA JAPAN様↑



(オススメ国内口座2)外為ファイネスト様
外為ファイネスト 口座開設
外為ファイネスト 口座開設?|?fx-on.com



(オススメ国内口座3)俺のEA 【FOREX EXCHANGE】
俺のEA FOREX EXCHANGE
俺のEA FOREX EXCHANGE 新規口座開設 | GogoJungle
↑複数のEAから、好きなEAを選べる。というシステム。
これも、なかなか面白そうですよね。(^^)



☆ ↑国内業者様の選択について、ねこ博士より、一言アドバイス ☆

当方のEAは、国内業者である「OANDA様」「外為ファイネスト様」のMT4で、
フォワードテストを行っておりますので、
フォワードテストに近いトレードをしたい、という場合には、 まず、この2社がオススメとなります。

また、3番目の【俺のEA】というものも、
いくつかのEAを選択して使えるとのことで、 一度、お試しいただくのも良いのでは、と思います。
(ただし、このEAの中には、ねこ博士のEAは入っておりませんので、ご留意くださいませ)m(_ _)m

なお、「いくつかの業者様のMT4」を、並行して利用することは、
EAの稼動環境に関する知識・経験値もあがっていきますので、特にオススメの方法となります。






(MT4専用のVPS)

【FX専用VPS】お名前.comデスクトップクラウド for MT4
【FX専用VPS】お名前.comデスクトップクラウド for MT4
【FX専用VPS】お名前.comデスクトップクラウド for MT4 | GogoJungle

↑こちらは、「VPS」という、MT4をクラウドで利用できるシステムです。
外出先でも、MT4にアクセスしたり、動作を確認をしたい、という方は、こちらをご検討されると良いかなと思います。



by ねこ博士